ダイエットで減量しましょう

2011年02月23日

毎日グッスリ眠れるようになれば毎日がもっと充実すると思います

毎日グッスリ眠れるようになれば毎日がもっと充実すると思います

グダグダな朝からおさらば!たった3日で朝5時起きになれるグッスリ睡眠プログラム
まず、徹底したのは「夕食はあまり食べない」ことです。

あなたもお気付きかもしれませんが、夕食をたくさん食べると朝の目覚めが究極的に悪くなります。

夜、焼き肉や唐揚げなどの胃に負担をかけるものを食べると睡眠の質が下がり、目覚めが悪くなってしまうのです。

人間の身体の仕組みはとても面白くて「胃への負担=睡眠時間」というルールがあります。

つまり、胃へ負担を少なくして、寝る前胃を空っぽに
して寝れば、朝起きるのがすごく楽で居心地が良いのです。

これは、一番簡単でオススメな方法です。
そして、身体のコンディションもかなりよくなってきます。

朝スッキリ起きれない人は、ぜひ参考にしてみてください。

それで、私は、夕飯はサラダと豆腐だけにしましたし、どうしても付き合いで飲み会に行かなければいけない時も、

肉や、脂っこいものは極力避け、野菜ばかり食べています。

「ステップ2」会話の中身…

よく「朝たくさん食べるといい」「朝食は身体にいい」という考えがある人がいますが、あれは間違いです。

いつも、昔からの風潮で朝食をたくさん食べていたのですが、胃が重くて重くて仕事に集中できませんでした。

「朝しっかり食べたのにおかしいな〜」と、本来の力を出せずにいる人がほとんどです。

私は。朝フルーツしか食べません。
これは、実際試してみると分かりますが、すごくお通じがよくなります。

朝まともに食べるのは、海外旅行のときや、高級ホテルに泊まったときのみ食べていました。

ポイント1:自分の話をしない

私はベジタリアンなので、肉はあまり食べませんが、これは本当に胃に負担をかけます。もし、あなたが朝の目覚めを今すぐよくしたいのであれば、肉を食べるのを控えるといいと思います。

そしてこれ知らない人が、すごく多いです。ついつい夜、仕事帰りにアルコールに身を任せ、肉をたくさん食べている人がほとんどなので、圧倒的に差をつける事ができます。

ただ、「そうか〜肉をやめれば目覚めが快適になれるのか〜」と早とちりして、“肉をやめたから”ってそれだけでは睡眠の質が一気に変わったりするわけではありません。

「肉は野菜と食べる。」

「白米は食べない。。」

「生野菜を多く食べる」

「肉と淡水化物は同時に取らない。。」

と、いくつかの食事の”原則”や”食べ合わせ”があるのです。

とはいってもそんなに食事に気を使うことはできないと思うで、私の場合は

毎日、よく咀嚼して食べるようにしています。

「モグモグモグ。。。」と、最低50回は咀嚼するようにしています。

これがまた、かなり”目覚め”に関係しているからです。

というよりも、よく咀嚼して食べるようにすると、胃への
負担が少なくなり、かなり日中のコンディションがよくなります

私もそうでしたが、現在人は”あまり噛んで食事をしていない”らしいみたいです。

ですから、夕飯時によく咀嚼するだけでよく朝の目覚めはだいぶ変わると思います。

ポイント3:目をみて、感情が出た部分を深く質問する

そして、以外と効果があったのは「アイマスクをする」ことでした。

これは試してみれば分かりますが、めちゃめちゃ熟睡できるようになります。

装着した次の日から朝6:00に勝手に目が覚めてしまいました。

1日目が快適な目覚めを得られたので、2日目はどうかな?と思ったのですが、2日目の目覚めも悪くありませんでした。

でも、ここで重要なのが、100%のクオリティーで寝るためには外からの刺激を100%遮断する必要があるということです。
ですので、光が少しでも侵入してこないようにカーテンもきちんと締めてください。

これだけで、疲れのとれ具合がかなり変わります。

コンビニに売っているものでも100均のでもいいので、アイマスクだけ買ってください。

ポイント4:「不良言葉」を使うが、そこに少し照れがある。

(これはなかなか難しいですが・・・・。。)

これは、メンターに教わったことなのですが皮膚に光が当たっているだけで
      体は、完全に休まることができないそうです。

皮膚レベルまで配慮が必要ということです。

できるだけ、カーテンを工夫して隙間には、黒いビニール袋を貼るなどしてみて欲しいです。

黒いビニールを袋を貼ると、ゴミ屋敷のようになって

隣のおばさんに笑われて、恥ずかしい気持ちになるかもしれませんが、すべては、目覚めのためです。

しかし、私もこれは、まだできていません。。。
    

いいカーテンを週末に探しに行こうとおもっています。

ポイント5:パッションがある話をする

ポイント8:姿勢は女性側によりかからない

翌朝起きる12時間前からは、一切の水や食事はとらないでください。

6時間寝られる場合は、、およそ寝る5,6時間前くらいでいいと思います。

それ以降に水分や食事をとると、消化のために体が100%のクオリティーで休めなかったり
     トイレに行きたくなって、体が起きてしまうため熟睡できません。

これは、実践してみれば分かりますかなり効果があります。

というか、もしこのルールを破ると、
  翌朝確実に体が重くて集中力がとぎれてしまいます。

そして、毎朝目覚めたときに思うのですが、
もし、この状態で10年生きたら、10年後にはまったく違う人生になってしまう、ということです。

それと、これは私自身やっていて気づいたのですが
私の場合は、冷え性が治りました。

今まで、足の先が氷のように冷えて眠れなかったのですが
水分を寝る前にとらなくなったら、足先の冷たさが気にならなくなりました。

ポイント9:女性をこまらせる質問をする

ポイント10:辛かった話、他の人にはできないような話をさせる

このように、目覚めを快適にするために「身体の仕組みを利用した」熟睡テクニックをいくつか使いました。

このポイントを理解して生活していると、朝の目覚めが快適になり、日々自分のうちから出るエネルギーが段々高くなってきます。

ですので、”どんどん健康になっていく”のを実感する事ができます。

1つでも試してもらうと、その効果がわかると思うのですが、これらのテクニックを使うと、翌朝の目覚めがものすごく良くなってしまうのです。そして日中も眠気がほぼなく快適に過ごせました。

・・・なんですが。

すごく悩んだ事があります。

今日お話しした方法は、私が心理カウンセラーの経験を生かして作った睡眠教材の一部で、数多くの睡眠の悩みを解決してきました。

「早起きできるようなりました!」「朝の時間を利用して、新しく資格をとりました!」と、毎日のようにたくさんのメールをもらうのですが、私自信若干不安がありました。

それで悩んだことは、この方法は日本に住んでいる人すべてに教えて、全員が早起きできるようになるのか?体質によってはもしかしたら合わないのではないかと思いました。

それを強く感じたのが、私の父親が"頑固"なのですが、上記のノウハウを使っても起きれなかったのです。。

「人生はそんなに甘くない!」

でも、何度も何度も、チャレンジしていて、早起き体質になろうと努力していました。

それなのに、結局起きれず、母親に起こしてもらっているのです。

これではなかなか朝の時間を有効活用するのは難しいと思います。

・・・・・今になって母親から聞いたのですが、どうやら父親はこっそり”寝酒”をしていたようでした。。

だいぶ、安心しました。。。

私は昔、7時に目覚ましをかければ、10時に目覚めるような男でした。
ある程度、目覚ましをかけておけば一度は目覚めるのですが、どうしても布団からでれずに、再び二度寝をする生活をほぼ毎日を行っていました。

少なくとも、私はこれまで潜在意識に関する教材などを販売してきて、実践してくれる人は目に見えて結果が出るのですが、モチベーションが続かなく実践しない方は、私のテクニックを使うのは難しいのではと、不安になってしまったのです。

ですので、このページを読んでくださっているあなたも、今日の私の話を聞いて、「この方法なら自分は向いているかもしれない」と思ったのでしたら、ぜひ試してください。実践すれば、必ず目に見えてあなたの睡眠が変わるのが分かると思います。

ただ「少し難しい」と感じたあなたは、ここからの話を一文字も逃さないで聞いてください。

特にあなたが“朝=苦手なイメージ”を持っている場合、これから話すテクニックの方法を、しっかり考えながら話を聞いてほしいのです。

ここからの話は、私が実際に睡眠奴隷から解放されたお話です。
私は、現在25:00に寝て・・・

5:00に勝手に目が覚めます。

”不眠症”

ではなくて

"熟睡しよう"です(笑)

つまり、身体の必要としている”時間”だけ身体を休めているという感覚です。

    
先着30名! 愛人を作る3つの秘密のレポート(無料)
ニックネーム

メールアドレス




“35歳以上が年の差のある若い子を彼女にする方法とは…”

「私は現在24歳なのですが、今回、この”手紙だけ”という条件付きで、あなたの目覚めを変えるノウハウを公開する事にしました。」

つい数年前までは、”睡眠”がストレスで、プチ鬱状態になってしまい、髪の毛が抜け落ちたり、朝起きれないことによるストレスで顔面がニキビずらになってしまったことがありました。

目覚ましを4つかけ、朝7時に起きようと思うのですが、「朝だ!」と思って時計の針を見たら「10:21」をさしていることが山ほどありました・・・

「早く起きて、仕事の準備をしたい。朝の時間を使ってサイドビジネスを行いたい。」と思っていたのですが「低血圧だし…」「朝苦手だし・・」と、自分を正当化する言い訳をしていました。

でも、どうせ”目覚めがスッキリするノウハウ”があったとしても、朝早く起きれないこと事が自分でもよくわかっていたんです 。

ハッキリと言えば、私は睡眠の悩みに対して”一ミリも希望”はありませんでしたし、あらゆる”早起き方法”や”熟睡法”を試したのですが結局効果がなく、諦めかけていました。

「俺は夜型だし…」

「やっぱ早起きは俺には無理なんだ…」

と、言い訳だけはたくさんあるのですが、そもそも、”朝に対するイメージが悪く”、仮に”グッスり眠ってスッキリ起きるノウハウ”なんて知らないのに、自分を傷つけない言い訳だけは一流だったと思います。

でも「早く起きたい!」「二度寝をなくしたい。」と、どこか”裏技みたいな”方法があったらいいなーと心の隅で思っていました。

「俺は朝5時に起きる!!!」と、朝起きれない自分に言い訳をして毎日を繰り出すのですが、結局、夜たくさん水を飲んで”尿意で意図的に目覚めさせる”というなかなか”荒削り”なやり方どまりでした。

「せめて、寝坊による遅刻だけでもなくしたい…」

と、正直なところずっと思っていました。

寝坊というよりか、それよりも、朝起きられなかったことによる罪悪感や、自己嫌悪感、そして大切な時間を無駄にしてしまったと思うとものすごく胃の奥底が”グー”と痛むのです。

本当、起きれない自分が嫌で嫌で仕方がありませんでした。

でもその一方、仕事ができて、お金をたくさん持っていてい女にチヤホヤされている男を見るとライバル心がムショーにが働き、徹夜で仕事をしたり、スキルアップのための時間に費やして夜寝るのが遅くなってしまい
結局、朝起きれず、バイオリズムを崩して体調まで悪くしてしまった時期がありました。。

実際、”睡眠”は大事だと思っていましたが、一番はいかに睡眠を効率化させ、”自分の時間を増やすこと”が目的だったのです。

「でも、朝苦手だし、」って。

そしてまた言い訳をするのです。

しまいには、、「お金がないから…」「時間がないから…」「自信がないくから…」

でも単純に考えれば分かりますが、人生において”朝の時間”がとても大切になります。

朝早起きするのに、実際は無駄なノウハウも必要ないし、高額な睡眠グッズなんか必要なかったんです。

”夜22:00まで寝なきゃ朝起きられない”とか、”寝る前にホットミルクを飲むといい”とかそれはテレビなどのメディアによる洗脳

だという事に、ある日気がつきました。

この瞬間のこの手紙を読んでくれているあなたに、 私が見つけたお金のかからない”グッスリ眠ってスッキリ起きれる”どころか、朝勝手に目覚めてしまう方ような魔法のようなお話をします。

しかも、努力感なしにです。

「そんなうまい話があるわけないよ。」とあなたは言うかもしれませんが、実際に、あなたの知り合いでもいませんか?朝早く起きて、バリバリ勉強したり、朝食会などに参加している方はいませんか?

私はこの方法に気がつくまでは「朝早く起きれる奴はいいよなー。」と、ずっと思っていましたが、彼らはお金がなくても、どんな状況でも”朝スッキリ目覚める”秘密をもっています。

これは知らない人から見れば非常識ですが、一部の、本当に”睡眠を楽しんでいる人”は当り前のように使っているんです。

例えばあなたが、22:00に寝ても、朝起きられない人でも。

目覚ましを5個セットしても起きられない人でも。

昼間、いつも慢性な眠気でウトウトしてしまう人でも。

あなたが“人類”である限りは、誰にでも使える方法です。

このノウハウは非常識ですが、努力感なしですぐにマスターできる、自然な方法です。私が教えた人達は、みんな幸せそうです。

この方法をマスターした人達は、朝早く起きて、資格の勉強をしたり、サイドビジネスをして稼いだり、朝食会に参加して情報交換を行ったりして、人生を楽しんでいます。

ビックリするかもしれませんが、基本的にこの方法は、”潜在意識”からあなたの睡眠を変えます。

多くの人は朝起きるのが苦手だと思っていますが、それは”潜在意識に朝が苦手なイメージ”が刷り込んであるからこその弱点があります。 実は“潜在意識を書き換えれば、簡単に起きれる”ようになるんです。

そのすべての秘密をお話しします…


“身体は衰えるのに、性欲は衰えない…”

今回100名限定を条件に、このノウハウを公開することにしました。基本的に、あまり多くの人に公開するのが私は好きじゃないからです。

正直に言いますが、私はそんなに心が広くないです。

「落ちこぼれ」って言葉が浸透していますが、私も中学生を超えたあたりからが、「落ちこぼれ」ロードに向かって突っ走っていきました。

10代の頃は、無駄に早起きしていました。

朝早起く起きて、当時のペットであった愛犬のシドと散歩にいって公園でフリスビーで遊ぶのが楽しくて仕方がなかったです。

あの身体中みなぎる”エネルギー”、そして、なんでも貪欲に取り組む”好奇心”を懐かしく感じます。

それが数年後では、”落ちこぼれ”のように心配されるようになっていました。

不規則な生活を行っていたせいか、10代のような気力がいつしかなくなっていたのです。

そして、高校生なのに、若白髪が混じったときはショックでした。

そしてその年齢ぐらいから、 ”朝起きるのが苦手になり、少しずつ生活が崩れて”きたようなのです。

朝起きること自体が嫌で苦手になってしまい、そのまま”落ちこぼれ道”まっしぐらに向かっていきいました。 。

朝起きたいのですが、「目覚ましをかけても起きれない。。起きても睡魔に負け、再び寝てしまう。。」そのもどかしさが、はがゆいのです。

受験期に入って変わるかなって思いましたが、全く変わりませんでした。

“押して押して押して…”

誰が言い出したか知りませんが、「早寝早起き」は規則正しい生活を送るうえで一番大事な原則だよ。

この言葉通りで何人か上手くいったのかもしれませんが、それ以上に失敗している人をよく見かけます。

早寝早起きなんて、クソくらえって感じです。早く寝たら早く起きれること自体が嘘っぱちです。

そして、結局3日も経てば、嫌になり、早起きを辞めてしまいます。

今となって解るのは、この方法は、”最悪”です。

早く寝たって、朝起きて”眠気”が残っているようじゃ早く寝た意味もありません。

基本手に朝に苦手なイメージがある以上、何時に寝ようが朝起きられないのです。

少し嫌な言い方になりますが、私は何時に寝ようが今は、朝5時に気持ちよく目覚めてしまう事がよくあります。

その目覚めも、本当に”ここちがよい”ものなんです。

せっかく今日出会えたあなたが、間違った”眠り方”をしていたらすぐにやめてほしいのですが…

「早寝早起き」とか、「ホットミルクを飲む」とかいった間違ったノウハウでグッスリ眠れると勘違いしている人達が多いんです。

私はそういう人に言いたいです。。「あなたは”睡眠奴隷”になっていますよ。」と。


“二極化…”

私が早起きできない頃、どうしても早起きしたくて、寝起きがよくなるサプリを大量に買い込んだ時期がありました。でも、結局、自己満足で終わってしまい、起きれずにいました。

そして、これはすべての人にも言えることですが、 朝早く起きれる人とできない人が二極化しています。

起きれる人は、朝早くからバリバリ起きて活動しています。

ただ、起きたくても起きれない人は深刻です。

私の周りにもたくさんいます。もう諦めている人もいますが、まだまだ”朝の時間を有効的に使いたい”と思っている人もいます。

私の失敗を振り返ると、共通しているのは、同じ失敗を何度も繰り返しているということです。 「今度はうまくいくかもしれない」、「目覚ましのアラームを変えれば起きられるかもしれない」 と思っていました。

たしか当時は、受験期でしたので”志望校に落ちない”ようにものすごく焦っていました。

「どうしたらうまくいくんだろう」「何故、あの頃は起きられなかったんだろう」

という自己分析ができるようになったは最近の事ですが、当時はあまりに考えすぎて、精神的に少しおかしくなった時期もありました。

うまくいったことも少ないので、数少ないうまくいった例を参考にしていたから、まったく進歩がありませんでした。

そして早起きしてバリバリ活動している人を見て 「俺は夜型だから。。」とか、「体質的に無理なんだ。。」 といって諦めていました。

本当は朝早起きするのに、体質は関係ないのに…。


“お金は関係ない…”

私は体質を変えれば、スッキリ目覚めるようになると思ったんです。

実は私は今まで、低血圧で3回ほど救急車で病院に運ばれているのですが、それが朝起きれない一番の原因だと思っていました。

いまだに”血圧は低いほう”ですが、当時は最高値が80を切るか切らないかのありえない数値でした。

ですが、実は 「体質のせいだと思わなくなったとき」から私は変わりました。

それが、今回あなたにお話する”東洋医学”&”脳科学”を利用した睡眠術との出会いです。

「脳科学」と「東洋医学」をベースにした人間の本能が無視できなくなるテクニックを学んだのですが、これまで”寝る前にリラックス”したり、早く寝ることが朝スッキリ起きれる秘訣だと思っていました。

でも私が学んだこのノウハウは、"呼吸法"や、”潜在意識を書き換える”という、これまでにない全く新しい方法でした。

私は元々脳科学に興味があり、30万円以上もするセミナーにも参加した事があったので、そのすべてがつながり、今日これからお話しする「最新の脳科学を利用した睡眠術を使い朝5時起き体質になる方法」を確立しました。

ちょうどその頃…。。その頃、眠くないのに早寝する習慣を辞め、あまり睡眠について考えなくなってきたころ、急に私の目覚めが急変したのです。

勝手に”目覚める”ようになったんです。

つい先日まで、目覚ましを4つかけても「起きられない」私が、です。

そんなに特別な事をしたわけではありません。

結局、その日は”病気になったのかと思い”もう一度寝てしまったのですが、翌朝も同じように朝6時に気持ち良く目が覚めてしまいました。

その中で、すごく大きなポイントなのですが、”私の朝に対するイメージ”が大きく変化していた事に気がつきました。

特に、朝起きられない人はこの朝に対するイメージが凄くよくない傾向を強く感じます。

しかもそのイメージは、人間である以上実は簡単に書き換えられたんです。

実は、睡眠にコンプレックスを持っている人ほど簡単に書き換えられ、早起きできるようになってしまったんです。

お金がかかると思っていたのに、そんな心配は杞憂に終わりました。

朝早く起きられる者だけが得られる快感、充実感、気力、、そんな美味しい思いができる時代なんです。
グダグダな朝からおさらば!たった3日で朝5時起きになれるグッスリ睡眠プログラム


あなたの”間違った睡眠常識”ぶち壊し、本当の熟睡をしませんか?

あなたの眠りと人生を変える
熟睡 睡眠ぐっすり寝ましょう。
タグ:睡眠
posted by ぐっすり at 05:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。